原発の安全性

原発が安全基準を満たしていると安全委員会が認定。

何を指して安全性を満たしていると言えるのでしょう。

福島原発の大事故の原因は

未だ特定されていません。

しかも想定外だらけの事故だったことだけは明らかです。

安全装置が一切稼働できない、あるいは稼働しない状態で

世界一安全性が高いとされた日本の原発

最悪のメルトダウンを起こしたのです。

この事を考えれば、それまでの安全基準を強化するだけでは

とても安全が確保されたなどと言えないことは明らかです。

それでも無理やり安全だとして稼働させているのが現状です。

この背景には、あれだけの大事故を起こしても

法的には経営者は責任を問われることはなかった。

多くの避難者や事故対応で被爆した人を出したにも拘わらず、

罪に問われることはなかったので、

他の電力会社の経営者たちは

危険を承知で我が身は安全とばかり

原発の稼働申請をしています。

確かに原発廃炉にするにしても

放射性廃棄物の廃棄場所や

使用済み核燃料の保管場所や管理費用、

現在保有している未使用の核燃料の処分等、

経営的には廃炉の道筋が描けるまでの間は

原発を稼働させた方が良いのです。

これは廃棄場が手当てできない政府も同じ立場なので

敢えて原発の危険性に言及することは避けています。

そして原発を稼働させる方向へと進めています。

危険な原発を稼働させることを考える暇があるなら、

自然エネルギーを活用した代替エネルギー開発に

もっと真剣に取り組むべきでしょう。

利害関係だけに囚われて国民を危険に晒して良いものか。

原発事故があれば多くの人の生活が奪われる。

しかもそれは他人ごとではありません。

事故後の計画停電で潰された企業や風評被害

直接関係のない人も巻き込まれるのです。

明日は我が身の思いを忘れないようにしたいものです。

広告を非表示にする