子どもの作品との別れ方

中学生息子が小学生時代の作品を手放しました。

自分らしい暮らしづくりをお手伝い、

片づけコンサルタントの吉川絵美子です。

夏休みは息子も部屋にいる時間が長い分

部屋の中の持ち物を見直したくなるみたいです。

我が家では子どもたちは

不用品や手放したいものがあると

部屋の外廊下に出します。

もう要らないけどどう捨てていいかわからない、

まだ想いがあって自分で捨てるのはちょっと

というようなものは

手放す前のワンクッションとして

とりあえず部屋の外に置く。

今回はこちら。

小学生の頃作った貯金箱とリュック。

貯金箱は6年生だったかな?

粘土でつくり釜で焼いて完成させたもの。

実際にお金を入れてずっと使っていましたが

机の上にあるのが邪魔になってきたのと、

他の貯金箱を使いたくなったみたいです。

というのもこの貯金箱には

ちょっと難がありまして

底に穴があいている()

貯金箱としては致命的な気がしなくもないですが苦笑

それでも自分の作った作品を十分使って楽しみました。

心残りはないようです。

ここで

どうして捨てるの?

思い出だし持っといたら?

モノを捨てるのは良くないよ

大事な作品だし気に入ってたじゃない

なんて言いません。

あくまでも本人の意思を尊重します。

でも捨てにくい気持ちがわかるので

かわりにきれに包んで

本人の見えないところで処分します。

モノを簡単に捨てるのは良くないとは思いますが

何でも持ち続けるのがいいとも思わないです。

どうしても現物で残したいものは

場所を決めて宝箱へ収納します。

思い出だからとやみくもに

押入れにしまい込んでもモノを殺すだけです。

でも宝箱に行く前に

使えるものは使い

飾れるものは飾って楽しむ。

そしてそのお役目が終わったら

きれいに写真に撮って思い出として

アルバムに貼るなり、

別のカタチで生かしてあげたいです。

小学生の頃から使っていたリュックは

もうボロボロ。

23回洗濯もして

充分使い切ったと思えるので

こちらは気持ちよく手放します。

息子はもう少し大きい

今の自分の体格にあったリュックを

新しく買ってご機嫌です。

子どもが成長していく過程を

さみしいよりもそういう気持ちになることもありますが

喜びとしてとらえてあげたいと思います。

作品の片づけ方も学びましょう

残席1

親子で学ぶ、夏休みお片づけ講座

8月21日月10301200

JR中央線高円寺新宿より10分

小学生以上の親子向け

自由研究にも使えるシート付!

詳細はこちらをご参照ください。

いつも応援ありがとうございます

にほんブログ村

お部屋のお片づけメニューはこちら

海外駐在引越しオーガナイズサポート出国帰国時

詳細はお申し込みご相談はこちら

お部屋のお片づけレッスン

詳細メニューはこちらお申込み問い合わせこちら

メンタルオーガナイズ心の片づけセッション

料金メニューお客様の声

その他のお問い合わせは

okatazukegmailcom

直接メールでお問合せ下さい。

いただいたメールはすべて48時間以内に返信しています。

返信がない場合は、恐れ入りますが再度お問合せください。

にほんブログ村