厳しい船出

堀レッズ、セカンドシーズンが始動。

ミシャ留任なら間違いなく移籍していたであろう菊池がスタメン。

一方で、スタメン候補と噂された長澤がベンチ外、ヒラさんと矢島がメンバー入り。

心配された遠藤は出場し、槙野の代役はこれも予想通りのウガ。

色を出すには時間が少なすぎたか、無難といえば無難な出来。

個人的にはやめてほしい可変システムも健在でした。

栗鼠の不出来が著しく、内容では圧倒したと思うがあまり参考にはなりそうもない。

2失点はしたものの、ミシャ時代に比べればかなり整理された印象。

が、ミシャの5年間ですら見なかったような酷い失点がいきなり出るとは。

札幌、栗鼠、甲府で勝ち点5以上が理想も、すでに不可能に。

ここはどうしても勝ってしまう上客の瓦斯様に期待するしかないか。

複数失点は止まらず不安が残る結果ではあったが、良い方向へ進めるようサポートしましょう。

つか、今はそれしかできん。

西川と槙野、次戦以降出番はあるのだろうか??

広告を非表示にする