広島9ー8東京ヤ神宮大好物!新井貴浩弾丸バックスクリーン弾で5点差引っくり返す大逆転勝利!

とまあ、最後の美味しいとこを持っていくのはやはり千両役者新井でした。しかし、いくら逆転の広島とはいえ9回表5点差を引っくり返すと誰が思ったか。

しかしね、意外とみんな何か起こるかもって思ってたんじゃない?それはヤクルトの抑えが小川だったから。

もちろん小川は好投手、しかしそれは先発でのことであって抑えに関しては全くの未知数、というかそんな簡単に急造の抑えが通用するものかどうかは今までのカープでもよくあったことでしょう。

となると9回表先頭のバティスタがいきなり初球の高めストレートを左中間スタンド上段まで運ぶソロホーマーでまず4点差、初球でしかもあの飛距離、小川の心中も穏やかではない、しかしまだ4点差あるので気持ちを切り替えて田中をファーストゴロ、これでワンアウト取ったことで小川も少し落ち着いたとこ。

しかし2番菊池が2球目のまたも高めストレートをレフトポール際へ高と打ち込むソロアーチこれで3点差、少し落ち着いたとこでまたもホームラン、ピッチャーはどれだけ点差があってもホームランというのは効くんでしょうなぁ、このホームランで球場の雰囲気もザワついてきたような感じになった。

そして3番丸が粘ったあげくフォアボールを選ぶ、ここでついに小川がランナーを背負う、先発と抑えの違いがここにある、まだ3点差あるといってもランナーを過剰に気にしてしまう先発投手の小川ですから、生粋の抑え投手なら3点差あるし1塁ランナーなんてほっておくのが当たり前。

しかし今日は誠也が蚊帳の外でした、センターフライでツーアウト、これであとアウト一つ。しかし今日絶好調の松山が左中間へ弾きかえすタイムリーツーベースで丸が長駆ホームインで2点差、おやおやという感じになってきた。

松山に代走上本を送りこみ、バッターは西川。とにかく小川はストレートが総じて高めにきてて調子自体良くなかったのか、やはり抑えは向いていないのかという感じ。

もう流れは完全にカープ、西川の当たりも打ち取ってる打球だが西川がきちんとセンター返ししてるんですよ、だから内野安打になる、つなぐ意識をもっているからこそ、ここで最後にとっておいたカードを出せた。

昨日言いましたよ私は、ジャイアンツが9回まで阿部をとっておいたのが不気味だったと。しかしカープにもいましたね9回まで取っておける他球団にとって脅威のバッター。

そして美味しいとこは根こそぎ持っていく、神宮球場大好物、2000本も300ホーマーもすべて神宮、もう何か起こる気しかしていないんです。

2死1、3塁ホームランが出れば逆転と、良く言いますが出ることなんて滅多にないことなんですよ実際は、しかし神宮がマツダスタジアムに変貌したかのごとくとんでもないボルテージ、ここはどこのホームなのか。

もうおそらく小川は平常心ではない、変化球でカウントが取れず結局ストレートを投げ込むだけ、これがすべて甘いんだな、ど真ん中にきたストレートを新井が強振したボールが、弾丸ライナーでバックスクリーンへぶち当たる逆転スリーランホームラン!

きっちり9回表に6点取って、5点差を引っくり返す逆転の広島の面目躍如!最後こそ新井が決めたがバティスタ、菊池、松山とつないで、つないでスリーアウトを与えなかったからこその逆転劇。

これは今年優勝すれば間違いなく何度も出てくる、大逆転シーンでしょう、8回裏までの試合は何だったのかと思いますがこれがヤクルトの現状ということもいえる。

秋吉がいなくなったことで抑え不在、小川を抑えにしたはいいが先発不足と負のスパイラルに陥っているのも事実、だからこそヤクルトとしては嫌なムードを吹き飛ばす連敗脱出チャンスを大逆転負けで嫌な雰囲気はまだまだ続く。

まあカープの大逆転劇だけでこれだけ書き込んでしまったが、戸田の久しぶりの先発は見事に打ち込まれた、これでまた落とすのか、もうワンチャンスあるのか。貴重な左腕だし出てきてもらわにゃ困る投手でもあるからもうワンチャンス与えて欲しいというのもあるが下ではまだまだ先発候補控えていますから、今日結果が出なかったのは戸田としては痛かった。

しかし何度も言うが9回表の猛攻、ホームラン3発。まあ人によってはホームラン頼みの打線ではこの先苦労するとかおっしゃる人もいるでしょうが、私はホームラン頼みで何が悪い、なんですよ。

別にホームランに頼ってるわけでもないと思うし、カープはきちんと足も使っている、タナキクマルがちゃんと打線のつながりを作っているし、そこにホームランが絡んでくればいうことない。

確かにホームランだけでしか点が取れない試合もあるが、出ないよりは出た方がいいに決まっている、ホームラン数もセリーグではダントツの89本、得点力のないチームにとっては羨ましい限りだろう。

ホームランもカープにとって大きな武器、なんだかんだでカープは打のチーム、今のプロ野球打てないと勝てません、そのためにキャンプで振り込んできたんですから、今日の試合がそうそうあるわけではありませんが逆転勝ちはこれで28試合目、打線のチームだからこその数字です。

もちろんそこに投手陣の頑張りもあるが、うまく噛み合っていくことでカープの連覇は見えてくる、明日は薮田が見せてくれるだろう、ヤクルトは今日の敗戦を引きずってくると思う、連勝モードに入るチャンスだからな、できれば3タテいきたいが明日勝ってからだ。

それでは。

押していただけるとブログ書くはげみになります。

にほんブログ村

広島東洋カープブログランキング

押していただいた方ありがとうございます!